ブランディングとは

皆さんは「ブランディング」と言う言葉についてご存知でしょうか。
ブランディングとは、「企業のブランド力をアップさせること」。
つまり、その企業が持つブランドの力をアップさせ、顧客に対して「この企業なら、この商品」とイメージさせたり、「この商品はここでしか買うことができない」などと思わせること。
ブランディングとは、あまたのライバル企業と比較した時に、はっきりとその違いを表すことを言います。
例えば、同じテイストのお菓子だったとしても、キャラクターをつけて違いを明確化することで、他の企業と違いをつけることができるでしょう。
また、ロゴやキャッチフレーズなどを使って他の商品と区別することも、ブランディングのひとつと言われています。
今、多くの企業がこの「ブランディング」を成功させようと、努力を行っています。

では、ブランディングを成功させることで、一体どの様な効果があるのでしょうか。
まず挙げられるのが、広告費をかけなくても良くなるということ。
新しい商品を出せば、広告費をかけて宣伝を行うのが業界のやり方です。
でも、ブランディングをして商品のブランド化に成功していれば、こういった広告費も必要なくなります。
広告費をかけなくても、新商品が出れば多くの人が目にして、「○○の新製品だから買ってみよう」などという気持ちになるからです。

また、ブランディングをすることで、価格競争をしなくてすむようになります。
ライバル社に差をつけるために行われるのが、「1円でも安くする」という価格競争。
消費者に商品を手にとってもらうためには、やはり「安い価格で販売する」ということが一般的でしょう。
しかし、本音を言えばどの企業だって「一円でも高く売りたい」と考えているもの。
ブランディングに成功することで、その商品には他の商品とは別の価値が生まれますから、価格競争をしなくてすみます。

他にも、ブランディングに成功した商品があることで企業価値が上がることもありますし、同企業の別の商品を売りやすくなるというメリットがあります。
この様に、たくさんのメリットがあるからこそ、多くの企業ではブランディングのための努力を行うのです。
実際、ブランディングに成功している企業はたくさんありますが、成功した商品以外の商品も売れるようになっている様です。
企業を大きくするには、やはりブランディング力が必要不可欠である、と言うことになるのではないでしょうか。
企業同士の競争が熾烈を極める中、今後もブランディングは激しさを増しそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*